依頼者を食い物にする悪徳業者

悪徳探偵は減りました。
2007年の探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)の施行によって、悪徳探偵はかなり減ったと言えるでしょう。

 

この法律は、探偵業をやるならちゃんと届け出をすること、契約するときはしっかりと書面で重要事項を説明すること、個人情報を守ること、犯罪に使われると分かっていて調査をしてはならない、などを定めたものです。

 

届け出を出しても、特別な権限が与えられるわけではありません。当たり前ですが、日本の法律をちゃんと守らなくてはなりません。

 

探偵業法に違反すれば、営業停止命令や、営業廃止命令などが公安委員会から出されるのです。

 

 

悪徳探偵の手口

 

調査期間をとにかく延長したがる

当たり前ですが、調査期間を延ばせば延ばすほど探偵は儲かります。すぐに証拠を見つけるよりも、引っ張るだけ引っ張った方がいいんです。

 

延長するために、わざとずさんな調査を行ったり、嘘の調査報告書を作ったりしているかもしれません。
ひどい場合は、そもそも調査をしていないことも。

 

自作自演

自分の部屋から盗聴器を探してもらおうと依頼したら、探偵自身が盗聴器を持ち込んで、あたかも発見したかのように見せかける方法があります。

 

ぼったくり

調査料金の内訳を記載しない。不必要なオプションをつけてくる。実際には使っていない車両費や機材費を上乗せしてくる。調査員の人数を水増しする。
このように、経費を不正に水増しするなどして、あの手この手で料金を上乗せしてきます。

 

見分け方

 

届け出を出している業者か

当たり前ですが、無届けの業者はNGです。
ホームページに探偵業届出証明番号は記載されているでしょうか。
探偵業届出証明書は、事務所の目立つところに掲示する決まりになっています。

 

調査費用が相場からかけ離れている

1時間あたりの調査料金の相場としては、調査員1名で7,000円〜10,000円程度です。
浮気調査の場合、1名では難しいので、2名で15,000円以上はかかると思ってください。
それに車両代などが上乗せされます。
極端に安い費用を提示された場合は、調査員が1名による調査かもしれません。ろくに経験の無いアルバイトかもしれませんし、最悪の場合、調査自体をまともに行っていないこともありえます。

 

もしくは、最初は安い料金を提示しておいて、あとから追加料金がどんどん発生するというパターンもあります。

 

契約書を交わさない

口約束のみで調査を開始しすると、あとから料金をどんどんとつり上げられるかもしれません。
そもそも、契約書を交わすのは探偵業法で定められています。

 

重要事項説明書が交付されなければ、悪徳業者の可能性が高いです。料金と支払時期がちゃんと記載されているか確認しましょう。

 

強引に契約させようとしてくる

「他社とも比較してみます」と言ったときに、「今ここで契約してくれたら、○○より安くしますよ!」などと言ってくるところは要注意です。

 

所属団体が怪しい

最も信頼できる探偵の団体は、「日本調査業協会」です。東京都調査業協会などの全国の正会員団体を整備しています。万が一トラブルがあっても、この調査業教会が解決してくれます。

 

信頼度を少しでも上げようと、○○協会などと信頼のできそうな名前を出してくることがありますが、その協会自体が存在しなかったり、存在しても実際は入会していなかったりすることもあります。
仲間内の数社で適当な団体を作っていることもあるのです。

 

業界団体の名前が出てきたら、その団体についてもちゃんと調べるようにしましょう。

 

誇大広告

成功率100%!!なんて広告を見たことはありませんか?
少し考えれば分かりますが、ある程度の依頼を受けている探偵社なら、成功率が100%なんていうことはあり得ません。
成功率98%なんていうのも無理でしょう。何をもって「成功」としているのか確認しましょう。
良く聞いてみたら、「尾行中に対象を見失わなかった」というのを「成功」としているだけだったりします。

 

会社で面談を行いたがらない

相談や見積もりで、探偵会社に行こうと思ったのに、喫茶店やファミレスを指定してくる業者は要注意です。
探偵社としての実態がない可能性もあります。
もちろん、会社が遠いので近くまで来てくれるという場合もあります。
来てもらう場合でも、「会社にうかがうことはできますか?」などと聞いてみた方がいいでしょう。

 

 

自分で悪徳探偵を見分ける自信が無い方は、相談所に選んでもらうという方法もあります。